スポンサーリンク

「中検1級」の難易度・レベル,および合格するための勉強法。仕事で専門的な通訳・翻訳家をこなせても,ネイティブですら落ちるほどの難関

中国語検定・1級の学習と取得についての情報を下記にまとめた。

中検・準1級は「ペラペラ」レベルだが,

1級はそれをはるかに超える専門的な領域。

中検1級のレベルは,専門的な通訳・翻訳家

難文,国際会議,専門的な講演などで,

職業として通訳・翻訳家を上手にこなせるレベル。

それが中検1級だ。

「中国語検定」と「英検」のレベルを,級別に比較した一覧表 (学習時間や単語数で,難易度を級ごとに概観)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130328/ChineseAndEnglis...

  • 会議や講演などの通訳。
  • 時事用語含む難文の訳
  • 単語数は不明
  • 中検開始以来の合格者数は200名程度。
  • 通訳の訓練が必要。


中検1級 | 中国語検定資格試験[中検・HSK]研究所
http://www.chinesemaster.net/qualific...

  • 高度な能力とは何か。早い話、通訳・翻訳能力である。
  • 中国語検定1級は、事実上の「中国語の通訳・翻訳能力」試験と考えた方が良い。


「新HSK」の最上級である6級を, はるかに上回る水準が

中検1級では要求される。

中国語検定と新HSKのレベルについて - 中国語検定と新HSKの何級になるでしょ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 中国語検定2級<新HSK6級<中国語検定準1級<中国語検定1級


ネイティブが取得できないほど難しい難易度。勉強時間は準1級から数年~10年

中検1級はネイティブでも合格しづらい。

必読!中国語検定に挑もうと思ったら ≪級とレベル編≫
http://cn-seminar.com/chinese-licensi...

  • 1級は,複雑な中国語および日本語の通訳・翻訳ができること。
  • プロの通訳家・翻訳家として活躍するような人材。
  • 1級は難関すぎて,中国語ネイティブでもなかなか合格できない


2/2 「中国語検定試験」各級の難易度と傾向 [中国語] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/426324/2/

  • 二次試験では中国人の試験官と面接、通訳の試験があるため、一次に合格しても二次で相当数不合格になっている
  • この試験に合格すると、「通訳案内士試験」の一次試験、外国語「中国語」が免除になります
    • が、素直に通訳案内士試験の学習をした方が早いです。
  • 中国語ネイティブでも容赦なく不合格になる試験なので、5年~10年スパンで考える方が精神衛生上良いでしょう。


合格するための勉強時間は測定不能。

中国語のプロの通訳でも,十年などの年月を要するレベルだ。


注意点として,中国語全体の勉強時間ではなく,

準1級を取得したあとの勉強時間である点に気をつけよう。

トータルでの時間は計測不能。

中検準1級のレベル・難易度と,合格する勉強法のポイント。面接対策の前に,慣用句・成句を徹底網羅すること
http://chinese-language.hatenablog.jp/entry/2016/01/11/%E4%B8%AD%E6%A4%9C%E6%...

  • 1級は,まず無理な境地だ。
    • 1級に合格するのは,ほとんどが中国人である。
    • 中国語の高度な通訳をしている専門家であっても,数年から10年の勉強が必要。
  • だから,1級はちょっとケタが違う。
    • 「中検の事実上のゴールは準1級」とされる理由がここにある。


中国人が大勢受験するが,年間の合格者数が数人ほどで,歴代の合格者数が3ケタ

中検1級の合格者は,これまでの歴史の中で,数百人しかいない。

中国語検定の受験者数・合格率 (難易度のレベル) を,級別にまとめた数値グラフ(最新10回分。中国語の人気の変化も一目瞭然)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20141023/ChineseExamStatG...

  • 1級の年間受験者数: 328人志願中298人受験,15人合格


中国語検定1級 難易度 - わたしの知人に中国語検定1級を持っている方がいて、ど...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 歴代合格者が3ケタしかいない。
  • 中国語オタクみたいな問題が出ます。
    • 普段まったく使わないような四字成語ばかりでした。


しかも, 受験するのも,合格するのもほとんど中国人。

日本人だと,大学教授でもまず受からない。

中国語の検定試験(HSK, 中検, C.TEST, TECC) 第26章
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/g...

  • 都内の会場で1級受験したことあるけど おそらく7割以上は中国人
  • 中国語教育系の大学教授が中検1級受けてもほとんど受からないだろうな


年間の合格者の人数は,数人,もしくは十数人。

ネイティブが大勢受けてもこの有様なので,難易度の過酷さが伝わってくる。

中国語10000時間 :: 6558-中検1級という中国らしさ
http://blog.livedoor.jp/shambata/arch...

  • 以前は年間合格者が 3~7 人くらいでしたね。


[mixi]1級 試験対策総合トピック - 中国語検定試験(中検) | mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=36...

  • 1級は毎年1回しか開催されません
  • 合格率は1~3%くらいです。
  • 中国語に自信のある人や, 中国語ネイティブが受験してこの合格率です。

採点基準が非常に厳しい

1級は採点が過酷だ。

85点という過酷な採点基準をクリアできない。

中検1級は雲の上だけど過去問やってみて思ったこと - 中国の通信教育やってます 
http://d.hatena.ne.jp/quesaisje/20121...

  • 得点の基準点が準1級の75点を10点も上回る85点ですから、ちょっと間違えただけで落ちます


中国語検定1級 難易度 :国家資格レベル7
http://kenteinanido.com/cat0001/10000...

  • 受験料は8500円
  • 筆記試験とリスニング試験があって、双方とも択一試験と記述試験があり、その双方とも満点の85%を取らないと合格できません。
    • 本当に過酷な試験です。

1級試験のポイントは,怒涛の「語彙力」

1級のポイントは,とにかく語彙力だ。

ネイティブですら知らないような,ほぼ方言に近いような単語が出てくる。

中検1級受験 : 中国語通訳のぼやき
http://jiuchong.exblog.jp/19047812/

  • 筆記は大きく分ければ選択問題と、日訳、中訳です。
  • 選択問題はとにかく単語。 見たことない単語がずらずら出てきます。


[mixi]就活のときに中検の存在は大きいですか? - 中国語検定試験(中検) | mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=36...

  • ハーフの知り合い(たぶん中国語の方がうまい)が準一級に落ちた
  • ネイティブの友達(日本語能力検定1級保持)は、中検1級には自分でも知らない単語(方言?)があると言ってました。


そしてやはり,ネイティブにすら難しいような,類義語の使い分けが出題される。

「合格奪取!中国語検定準1級・1級トレーニングブック」を買いました | C-STUDY
http://www.c-study.net/2015/07/review...

  • 中検1級の合格率は平均で3.2%だが,回によっては1.1%という年もあった。
  • 英検1級とくらべてみると、英検1級の合格率が約10%ですから、中検1級は断トツに難関試験と言える。
  • 単純に合格率だけ見れば、司法書士(約3%)と同レベルの難易度。
  • 中検1級になると、ネイティブにすら難しいような類義語の使い分け問題や慣用句などがかなり出題されている。
    • まさに「中国語マニア」のための試験。


リスニングも語彙力を試される。

語彙の重要性がわかるだろう。

中検1級対策勉強 | Mandarin Note
http://mandarinnote.hotcom-cafe.com/c...

  • 毎頁6個も7個も成語が出てくる小説をある程度読む経験を積んだら、1級の筆記試験がそれほど突拍子もなく難しいものだとは思えなくなりました。
  • 中検1級のリスニングはリスニング力を試すためのものではないようですね。
    • あれはちょっとひどい。 リスニングの名を借りた、語彙力を試すための問題です。


勉強法としては,社会に対するアンテナが大事

社会の様々な方面に,中国語でアンテナを張ろう。

中国語で毎日,ニュースを見るなど。

中国語検定 1級おすすめの参考書(リスニング) | 中国語教室のサイタ
https://cyta.jp/chinese/c/entry/6034

  • 「一級対策のリスニング教材」は正直いいますと、ありません。
  • 試験対策というよりは、中国語の総合的能力が問われていますので、日々ニュースをみたり、ネイティブと積極的にコミュニケーションを図ることが重要です


きままに中国語 中検一級受けてきました。
http://ejipan.blog.fc2.com/blog-entry...

  • もう一級ともなると, 色んな方面にアンテナ張っていないとダメですね。。


そして,原書をたくさん読もう。

Ayumi Chinese Book Cafe : 中検1級を受けてきました。
http://ayumichinesebookcafe.blog.jp/a...

  • 今回受験して、1級に合格するには参考書の詰め込み勉強よりも、日頃からたくさんの中国語に触れることが王道だと思いました。
    • だからみなさん原書を読みましょう!
  • いじわるな設定であるとは感じなくなりました。
    • 難問奇問はなかった
    • 学習歴が長い方で一度も受けていない方の場合、一発で合格する可能性は十分ある


対策本である「トレーニングブック」は暗記せよ。

中検1級|中検|只管中国語
http://ozzy.blog.shinobi.jp/%E4%B8%AD...

  • 定番の「トレーニングブック」を全部覚えれば,1級の大問2、3もほとんど取れるのではないでしょうか。


合格したければ,仕事でガンガン使うこと

生活や仕事の中でガンガン使い,

職歴としての中国語の実績を積み重ねよう。

そうすることで,1級への道のりも前進してゆけるはずだ。

Ayumi Chinese Book Cafe : 中検1級 3度目の結果
http://ayumibookcafe.blogspot.jp/2012...

  • 幸い, 仕事で中国語を使うのでいつのまにか鍛えられて, 1級に合格しました。


中検準1級のレベル・難易度と,合格する勉強法のポイント。面接対策の前に,慣用句・成句を徹底網羅すること

中国語検定の準1級について,その難易度や合格するための勉強法。


レベルとしては,準1級に合格するためには留学経験がものをいう。

もしくは,2級を取得後に数年間の勉強時間が必要とされる。

準1級は「ペラペラ」レベルであり,ネイティブ相手に難しい交渉が可能

中国語が「ペラペラに話せる」レベル,それが準1級だ。

ちょっとできる…とか,割とできる…ではダメ。

流暢に使いこなせる段階だ。

必読!中国語検定に挑もうと思ったら ≪級とレベル編≫
http://cn-seminar.com/chinese-licensi...

  • 準1級からが上級レベル。
  • 準1級は超難関であり,事実上のゴール
  • 準1級の勉強時間の目安は2~10年であり,語彙数の目安はない。
  • 3級で「中国語がわかる」、2級で「中国語ができる」、準1級以上で「中国語がペラペラ」という感じ。


準1級は,レベルの高い大学の中国語専攻において,卒業目標になっている。

中検2級のレベルと勉強法。難易度は大学専攻科卒クラス,単語数は3級の3倍。就職に役立ち,履歴書にも書ける実力証明 - 中国語と,その方言をオンラインで勉強するブログ
http://chinese-language.hatenablog.jp/entry/2016/01/07/%E4%B8%AD%E6%A4%9C%EF%...

  • もっとレベルの高い大学では,卒業目標は2級ではなく準1級である。
    • 卒業後,貿易での仕事などに就職してすぐ働けるレベルだ。


やや難しい文章を作文・翻訳できる。

会話においては,ネイティブと同列で論理的なやり取りができる。

「中国語検定」と「英検」のレベルを,級別に比較した一覧表 (学習時間や単語数で,難易度を級ごとに概観)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130328/ChineseAndEnglis...

  • 準1級のレベル:
    • やや難の文章の日中両訳。
    • ネイティブと同等に論理的な交渉


2級と比べると,準1級は「ビジネスの即戦力レベル」なので,転職時にも役立つ

新卒で就職するときには,2級があれば十分だった。


しかし転職となると,2級では不十分。

企業が要求するのは準1級レベルとなる。

「ビジネスでの即戦力」となる人材であることを証明できる。

「合格奪取!中国語検定準1級・1級トレーニングブック」を買いました | C-STUDY
http://www.c-study.net/2015/07/review...

  • 転職希望者が中検2級を持っていても、即戦力としてはあまり評価されないのが現実。
    • 中検2級レベルでは、商談レベルの会話を他の人の助けなく遂行することは困難なので。
    • ビジネス会話では細かい条件の詰めや緊急対応なども必要になってきますので、中検準1級が必要。
  • 就職対策としても、準1級を持っていれば、ビジネスレベル会話の基礎を持っていることは十分アピールできる
  • 1級はマニアック
    • 中検1級になると、ネイティブにすら難しいような類義語の使い分け問題や慣用句などがかなり出題されている。


2級レベルだと,新卒時の業務スタート条件は満たしているが,

ビジネスの現場には不十分。

それほど,準1級と2級には差がある。


2級を取得した後,準1級に合格するまでに,数年間は要する。

中検準1級と英検準1級:So-netブログ
http://heysh.blog.so-net.ne.jp/

  • 2級合格から4年かけて, 準1級に合格することができました。
  • 感じたのは1に語彙力、2にリスニング力。
    • 作文や翻訳などが多少しょぼくてもなんとかなるけど, 単語を知らなければお話にならない。

準1級は,事実上のゴール

高度で難解な通訳などを専門としない限り,準1級でゴールだ。

逆に言えば,高度な通訳業務のためには1級が必要という事になるが…。


準1級を取得したら,中国語検定は終わり。

その後は,HSKのレベル向上に努めよう。

中検準1級 | 中国語検定資格試験[中検・HSK]研究所
http://www.chinesemaster.net/qualific...

  • 準1級は,十分に中国語業務を処理することができるレベル
    • 高度で専門的な通訳業務でない限り対処できる
  • 一般的なビジネスユースを目的としての中国語としては、この級がゴール
    • 準1級を取得したら、中国語検定は卒業


おなじ準1級であっても,英検よりも中検のほうが難しい。

中国語検定 - 中国備忘録→司法備忘録
http://blog.goo.ne.jp/hihi64/e/db5872...

  • 中検準1級は英検準1級よりやや難しく,英検1級より簡単というぐらい
  • どう見ても、中検1級は難しすぎ!完全に鬼畜の領域!!!多分、司法試験より難しいです。

準1級に合格するのは,おもに留学経験者

準1級はとてもレベルが高いため,合格者にも一定の特徴が表れる。

それは,中国への「留学経験」がキーになってくる,ということ。

留学の有無で合格が左右されやすくなってくるのだ。


本当にどっぷりと中国語の学習生活に浸からないと,

準1級には合格できない。


また,「小さいころ中国に住んでいた」「留学した」という人でも

うまく勉強を進めないと,準1級の取得には数年かかる。

中国語検定試験準1級・1級の対策と勉強法 | トラクー
http://traqoo.com/asia/china/study/ch...

  • 準1級の合格は,留学経験者や, 外語大で中国語を専攻しているような方でないと難しい


生徒の声~U.Tさま 中国語検定準1級合格までの道のり~-ホープ外国語学院(旧名:中日言語学院) 大阪の中国語・韓国語・英語・スペイン語・ベトナム語の教室
http://cjls.co.jp/student/memoir09.htm

  • 「私の場合、幼い頃に中国に住んでいたこともありリスニングは得意でした。」
    • それでも準1級の合格まで数年かかる。


001_016_中国語の環_1C_213K.indd - wa_85.pdf
https://www.chuken.gr.jp/wa/wa_85.pdf

  • 一年間は北京に留学に赴き,留学中に HSK10級を取得
    • 帰国してからすぐに受けた中検準1級にも見事合格


留学ができないからといって,あきらめる必要は無い。

留学生とおなじ程度の学習をこなせばよいのだから。

たとえば,中国への留学生向けの定評あるテキストなどを使ってみよう。

中国語検定準1級第80回の結果 - 中国語気になる表現
http://blog.goo.ne.jp/inghosono/e/c9f...

  • 私の中国語検定攻略の勉強法のご紹介ですが、実はたいへん重宝したテキストがあります。
  • もう10年くらい前、上海の外文書店で買ったのですが、北京大学出版社の《高級漢語口語》上下冊と、《漢語高級教程》第一、第二冊。北京大学の先生が編纂された、留学生向けのテキストです

勉強法として,成句・慣用句を網羅せよ

準1級は,恐ろしいほど「成句・慣用句」が出てくる。

ふつうの日常会話では出てこないほど大量に出題される。


なので,この分野にしぼって重点的に対策する必要があるのだ。

「キクタン・慣用句編」など,準1級レベルの慣用句にどっぷり浸かるべし。


中国語検定準1級 【教材編】 - 中国語学習者による中国語学習者のためのブログ
http://zhongwen.blog.jp/archives/2478...

  • キクタン・慣用句編は絶対に全て覚えましょう
  • この本から毎回1・2問は出題されている


重点的に対策しておかないと,準1級の試験本番で歯が立たないこと,間違いなし。

うまくやれば得点源になるし,放置すれば足を引っ張る。

まさに,準1級の制覇におけるネックと言えるだろう。

中検準1級対策: 好きに生きる人の日々
http://homohominilupus.cocolog-nifty....

  • 中検準1級を受けてみようと思い、過去問を何度か解いてみましたが、語彙が足りない(ノд`)
  • 慣用句と故事成語に、見事に足を引っ張られます。


[mixi]準1級について - 中国語検定試験(中検) | mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=36...

  • やはり成語・語法がきつかった


ただ成句を知っているだけ,ではなく

成句を「聞き取りも書き取りもOK」という状態になろう。


また,格言や故事にも精通しておこう。

「ネイティブの子供向けの辞典を丸暗記」するぐらいの勉強量が必要。

中検準1級対策の勉強法と備忘録 | 中国語(中国語検定 HSK) チャイニーズ奮闘記 - 楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/chinaliux...

  • 中検準1級レベルになると慣用表現(慣用句)や四字成語の聞き取りも試されます。


中国語検定準1級に落ちました。過去12年間の過去問題を解いて、作文はそ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 過去問で,日中翻訳に「里弄(li long)」という単語が入っていた件について
    • 「上海のあの赤レンガ造りの建築が面した通路のことだ」と知っていれば、「路地」という言葉も出てくる。が,知らなければわからない
    • 中国の文化を知らないと答えられない
  • 過去問には成句がたくさん出ている
    • 大半は知らなければ答えられない問題ばかり。とにかくたくさんのことを覚えねばならない
  • 格言、故事からの引用などもあります


[mixi]準1級 試験対策総合トピック - 中国語検定試験(中検) | mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=36...

  • 準1級の勉強法は,中国の小学生が使うようなことわざ辞典などを買い、丸暗記するくらいの意気込みが必要。

リスニング試験対策として,ディクテーション(書き取り)の特訓を重ねよう

準1級のリスニングは,大部分がディクテーションに割かれる。

つまり,長文の書き取りである。

これにスラスラと対応できれば,試験本番でとまどうことは避けられるはず。

書き取りの数をこなそう。

中国語検定準一級スレ☆第1課
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/g...

  • ディクテーションは, ナレーションを聞いてそれを文字で書く試験
    • リスニング100点中、50点がこれに充てられますので、かなり重点がおかれている
    • ディクテーションは聞き取れても書くのが大変で、 殴り書きに近い
  • 国家試験である「通訳ガイド(中国語)」の問題に出る成語や慣用句が,中検の準1級とだいぶ被っている。
  • 仕事に中国語を使うんなら、準1は要らない
    • が、2級ではかなり足りない。
    • 準1の試験は一寸特殊だからな。 必要な部分はあるけど、普段の会話であれ程までに慣用句は使わない。
  • 中国語の環(中検発行)の記事にあったんだけど...
    • 1級合格者ってほぼ全員が中国人で, 日本人の合格者ってめったにいないらしい。

作文の対策として,中国語の原書をたくさん読む

原書をたくさん読みこなそう。

読むことで,簡潔な表現を記憶することもでき,作文対策にもなる。

中国語検定準一級を取得したいのですが、何か効率的な勉強法はあります...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 作文は、過去問を解くことも有効ですが、中国語の文章を読む機会を増やして, 中国語独特の表現方法を無意識に暗記していく方が学習に有利です。
    • 初心者風な口語体で書かずに、簡潔に文語体でビシッ!と回答することもできるようになります。


原書に多く接する中で,書き言葉と話し言葉を厳密に使い分けられるようになる。

留学経験がなくても大丈夫、ネット上のニュースや中国語の本を訳して中国語検定準1級合格 | 資格の合格体験記
http://合格体験記.com/post-1108/

  • ことわざや故事成語、慣用句などはもちろんのこと
  • 喋り言葉と書き言葉の使い分けもしっかりできなくてはなりません。


また,2級までで済んでいるはずではあるが,

評判のよい網羅的な文法書を辞書代わりにして,徹底的にマスターしておこう。

中国語検定準一級の面接について
http://jimichina.blogspot.jp/2014/05/...

  • 中国語検定の準一級は、どれくらい勉強したら合格できるのでしょうか。
  • 『Why?にこたえる はじめての 中国語の文法書』をぼろぼろになるまで使う。
    • 知識面ではそれだけで充分です。たいていのことは分かります。


準1級の面接試験は,ふだんの思考の積み重ね

準1級の試験には,面接もある。

与えられたお題について,2分間の自由スピーチをする。


こういった訓練は,ふだんから頭の中でもこなすことができるはずだ。

ふだんから,頭の中で中国語で考えるくせをつけよう。

中検準1級面接試験速報|たびこと中国語
http://ameblo.jp/tabiko0225/entry-117...

  • 1~2分のスピーチというのは、 内容が十分に考えられないと長く感じるものです...
  • 一生懸命しゃべれそうなネタを引き出さなければいけない

合格したら,次に1級を目指すべきか?

準1級を取得したら,そこから上を目指すべきか。


1級は,まず無理な境地だ。

1級に合格するのは,ほとんどが中国人である。

中国語の高度な通訳をしている専門家であっても,数年から10年の勉強が必要。


だから,1級はちょっとケタが違う。

「中検の事実上のゴールは準1級」とされる理由がここにある。

中国語検定1級 難易度 :国家資格レベル7
http://kenteinanido.com/cat0001/10000...

  • 中検1級の勉強時間は, 準1級の合格からでも数千時間レベル。
  • 中国語の通訳になるよりもかなり難しいと言われています。


中検1級は雲の上だけど過去問やってみて思ったこと - 中国の通信教育やってます 
http://d.hatena.ne.jp/quesaisje/20121...

  • 1級は, 職業通訳家でも10年は更に学習が必要な難度である。


中検2級のレベルと勉強法。難易度は大学専攻科卒クラス,単語数は3級の3倍。就職に役立ち,履歴書にも書ける実力証明

中国語検定の2級に合格するための勉強法まとめ。

2級の難易度・レベルも詳しく解説。

  • 中検2級は「ビジネス用途の入り口」で,大学の「中国語専攻で卒業目標」のレベル(私立大の場合)
  • 2級の合格に必要な勉強時間は,600時間ほど。「3倍の法則」に注意
  • 2級のレベルがわかる動画。慣用句のオンパレード
  • 2級の勉強法。もはや「対策本」では太刀打ちできない
  • 2級の単語は,日本語でカバーできない領域
  • リスニングは,有名ドラマを何度も見よう
  • 2級は筆記が難しい。数百字の相互翻訳
  • 一度で2級に合格できると思わず,長期戦を覚悟せよ

中検2級は「ビジネス用途の入り口」で,大学の「中国語専攻で卒業目標」のレベル(私立大の場合)

私立大学の場合,中国語学科の卒業目標として「中検2級」が挙げられる。


大学で4年間,中国語を専門的に勉強し続けたら,「2級に合格して当然」ということ。

2級のレベルがよくわかる。


3級ていどでは,中国語専攻としてはお話にならない。

日本語能力試験1級と中検2級を比較(ぐだぐだ) - 中国の通信教育やってます 
http://d.hatena.ne.jp/quesaisje/20110...

  • 日本の大学の中国語学科の学生の卒業までの目標として,2級が挙げられていることが多いです(私立大学)。


「中国語検定」と「英検」のレベルを,級別に比較した一覧表 (学習時間や単語数で,難易度を級ごとに概観)
http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20130328/ChineseAndEnglis...

  • やや高度な読み書き。
  • 慣用句熟語含む 日常会話。
  • 数百字の文章の 日中両訳
  • 単語数3000~6000
  • 中国語学科の卒業目標


3級の位置づけを「中級の入り口」とすると,

2級の位置づけは「中級の半ば」かつ「ビジネスの入り口」。

続きを読む